審美歯科Cosmetic Dentistry

審美歯科とは

「 美しさ 」 と「 機能 」を
両立させた歯科治療

虫歯を治療した部分にはかぶせもの(クラウン)やつめもの(インレー)を入れます。保険適用による一般的なつめものやかぶせものは金属ですが、銀歯が気になってしまう患者様には、セラミック(陶材)等の素材を用いて歯を修復することができます。
審美歯科というと、単に見栄えを良くするだけのイメージがありますが、当院ではそのような治療は行いません。
歯周病や虫歯を治療してお口の環境を整え、歯並び・かみ合わせ・他の歯との調和にも配慮し、丈夫で長持ちする治療を提案いたします。

保険診療と自費診療の違い

保険診療(銀歯等の一般的なかぶせもの・つめもの)
保険がきくため、治療費が割安になります。
お口の機能回復を目的としているため、国によって使える素材が決められています。先進的な治療方法は対象外のことがあります。
自費診療
様々な選択肢から、自分に合った治療を選んで受けられます。
自然な見た目や噛み心地を追及できます。
処置に応じた自己負担はございますが、時間をかけて丁寧に治療 を行いますので、その分良い仕上がりとなります。

被せ物・詰め物の種類

ジルコニアクラウン

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

通常オールセラミッククラウンの内部に使用されるジルコニアと呼ばれる物質で作ったかぶせものです。強度があり比較的安価なジルコニアクラウンは奥歯の治療に適しています。
近年、ジルコニアの審美性が高くなり天然の歯のような美しさで仕上げることが出来るようになりました。

ジルコニアクラウン ジルコニアクラウン

オールセラミッククラウン、インレー

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

かぶせもの・つめものの両方があります。
天然の歯と区別がつかないほど、自然な美しさが特徴です。茶渋やヤニなどの着色汚れ(ステイン)も付着しづらいため、綺麗な歯を長く維持することができるものメリットです。
また、金属を一切使用せず、セラミックのみで製作されているため、金属による歯の変色も起こりません。金属アレルギーでお悩みの患者様にもおすすめです。

オールセラミッククラウン、インレー オールセラミッククラウン、インレー オールセラミッククラウン、インレー

メタルボンド

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

メタルボンドとは、裏側を強固な金属で製作し、外から見える部分にのみセラミック(陶材)を貼り付けたかぶせものです。セラミックの美しさと、金属の持つ強度の両方を併せ持っているため、多くの患者様に選ばれている治療法です。
中の金属に貴金属を使用すれば、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や、金属アレルギーが起こる可能性を低くすることもできます。

メタルボンド メタルボンド

ゴールドクラウン、インレー

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

「金歯」とよばれるもので、かぶせもの・つめものの両方があります。
「金合金」や「白金加金」等の貴金属でできています。どうしても金色が目立ってしまうため、見た目の美しさには欠けています。しかし、天然歯と近い硬さのため、なじみが良く、噛み合う他の歯を痛めません。耐久性も高いため、奥歯などの噛む力が強い部位に最適です。

ゴールドクラウン、インレー ゴールドクラウン、インレー

硬質レジン前装冠(前歯のみ保険適用)

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

主に前歯に使用されるかぶせものです。
裏側は金属で、外から見える部分にのみレジン(プラスチック)が貼り付けられています。
前歯のみ保険が適用されるため、治療費が安いというメリットがあります。しかし、裏側の金属が透けて見えてしまったり、時間が経つと変色してしまったりするなど、自費診療の素材と比べると見た目や耐久性は劣ります。

硬質レジン前装冠(前歯のみ保険適用)

コンポジットレジン(保険適用)

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

前歯や奥歯に使われるプラスチックのつめものです。
虫歯を削った部分や、欠けてしまった歯に、白いプラスチックを詰めます。小さい金属の詰め物を白く修復したい、できるだけ費用を抑えたい、短期間で治療したい方におすすめの治療法です。また、金属を使用しないので、金属アレルギーも起きません。
経年による変色や、強度があまり高くないといった点がデメリットです。

コンポジットレジン(保険適用)

銀歯(保険適用)

 
1
2
3
4
5
見た目の自然さ
 
 
 
 
 
身体との親和性
 
 
 
 
 
変色のしにくさ
 
 
 
 
 
耐久性
 
 
 
 
 
歯ぐきの黒住の出にくさ
 
 
 
 
 
噛み合う歯への優しさ
 
 
 
 
 

一般的に銀歯と呼ばれる金属のかぶせもの・つめものです。保険が適用されるので治療費を安く抑えたい方におすすめです。
機能的な問題はなく、金属のため強度は高いです。しかし、金属を使用しているため金属アレルギーが起こる可能性があり、また、経年により金属が溶け出して、歯や歯ぐきが変色してしまう場合もございます。

銀歯(保険適用) 銀歯(保険適用)

保険診療と自費診療の違い

大きな虫歯の治療や神経の処置をし、そのままではかぶせものを装着できない歯には、人工の土台(コア)を作って歯を補強する必要があります。
土台には、保険適用の一般的な土台と、天然歯に近い素材の土台(自費診療となります)がございます。

ファイバーコア(保険適用外)

ファイバーコア(保険適用外)

グラスファイバーの繊維を樹脂で固めて作られた素材です。歯質と近い性質を持ち、適度なしなやかさがあるため、強い力が加わった場合も歯の根に負担をかけません。
金属を一切使わないため、仕上がりも非常に自然で美しく、金属アレルギーを起こしません。

レジンコア(保険適用)

レジンコア(保険適用)

レジンコアは、金属のピンで補強した保険適用のレジン(プラスチック)の土台です。保険が適用されるため、費用が安いというメリットがあります。ただし、ファイバーコアに比べると強度や耐久性は低いです。また、金属による暗い影ができるので透明感や美しさは劣ります。

ゴールドコア(保険適用外)

ゴールドコア(保険適用外)

ゴールドコアとは、貴金属である金合金や白金加金で作られた土台です。非常に強度が高く、耐久性に優れています。金属ではありますが、ゴールド色のため、歯や歯肉の色調は明るくなります。使用する金属によっては、金属アレルギーのリスクを減らすこともできます。

メタルコア(保険適用)

メタルコア(保険適用)

保険治療で最も一般的に使用されている金属の土台です。保険適用のため治療費が安価で、また、ほとんどの症例に利用できます。口内の環境にもよりますが、人によっては黒く変色する場台があります。
※金属アレルギーの方はご相談ください。